ヨガスートラ 1-13 ~ヨガは練習の努力の先に

Pocket

TTC300のヨガ哲学でのヨガスートラ学びを
記していきたいと思います。

タットラ スティタウ ヤットナハ アッヴャーサハ -1-13

तत्र स्थितौ यत्नोऽभ्यासः ॥१३॥

tatra sthitau yatno-‘bhyāsaḥ ॥13॥

 

それら2つ(アッビャーサとヴァイラーギャ)の中で
練習の努力の先に安定がある。
(FLOW ARTS 300TTCより)

 

単語:意味

tatra = there ここ アッビャーサとヴァイラーギャの2つ
sthitau = 安定
yatna = 継続した努力する practice
abhyāsaḥ = 繰り返しの練習

 

解説

私達自身は、人生を走る車を運転するドライバーです。
正しく運転するためには、運転するためのルールを
学ぶ必要がありますし、運転中は他のこと
揺れ動く心(mind)に考えを奪われないように、
しっかりとハンドルを握ることが必要です。

 

強い意志力を持って、
感情や揺れ動く心に

惑わされることなく、
継続的にヨガの練習を行い、

努力を続けることが
アッビャーサ(繰り返しの練習)です。

結果を気にせず、繰り返しの練習を続けることで
ヨガのゴールを達成することができると
ヨガスートラでは書かれています。

 

自分はどう生きたいのか?
ヨガの練習を深めて何をしたいのか?
という目標をしっかりと定め、強い意志力を持って
継続的な努力を続けるためには、
必要でないことを見極めること。
バランスを保つこと。
他人との距離を見極めることも
大切なことです。

何度もあきらめずに、
繰り返し練習すること。
実践すること。

調子がいいときにも、
進んでいないように思えるときも、
ヨガの練習・実践を続けていきましょう。

 

Follow me!