ヨガスートラ Yogasutra 1-1

Pocket

少しずつではありますが、TTC300のヨガ哲学でのヨガスートラ学びを記していきたいと思います。

अथ योगानुशासनम् ॥१॥

atha yoga-anuśāsanam ॥1॥

さあ、これから統合と、自分との調和のヨガについて規律を始める。

 

単語:意味

atha = さあ、今、瞬間
yoga =ヨガ、統合、自分との調和
anuśāsanam = 命令、規律

 

解説

athaという音は「OM」と同じくらいパワフルな音であり、強い気持ちでヨガの規律を始めることです。
ヨガスートラを編纂したパタンジャリは、ヨガについてのすべてを195の詩(スートラ・糸)に完成させました。
その、最初の言葉がこの「atha」というパワフルな音から始まっています。

私達は、今ここにいる所からヨガの実践を始めることができます。

最初は継続することが、困難かもしれません。

それでも、自分を成長させるために努力をしていきましょう。
私達の心が不安定で、内側外側のにバランスが取れていないと感じたら、それがヨガを始める時です。

私達が現代社会に行き、ストレスを感じたり、身体を動かしづらい、

もっとパワフルに生きたいと感じる時こそヨガの規律が役に立ちます。

ヨガの規律は、常に自分の練習やヨガの経験をもって実践されるものです。
例えば、海の水、形状を分析し、たくさんの説明をしても、実際に海を目にして、

触れてみないことには、海が何であるかを本質的に知ることができません。

ヨガの実践にも同じことがいえます。
ヨガの練習も実践し、体験することで、自分の身体・心で感じてみて初めて達成することができます。

さあ、自分を成長させるヨガの規律を始めていきましょう!

Follow me!