ラブ(love)から始まるバクティ(Bhakti)の道!

Pocket

月に1回の哲学クラスでは、TTC300メンバーからのリクエストに沿って
ムケーシュ先生が講義をしてくれます。

今回は、バクティ【Bhakti】についての講義です。

バクティとは何か?

バガヴァッドギーターでも語られるバクティ(bhakti)
献身、神様へ愛を捧げることと訳されていますが、
神様だけではなく、対象物へ見返りを求めない愛情ということ。

 

インドでは、神様への愛情をバクティと表現しますが、
神様が大好きで、捧げものをしても神様がお礼をしてくれることもないですよね?
それでも、毎日礼拝を欠かさず行う。感謝の気持ちを捧げること。
それが、バクティ(Bhakti)の気持ち。

どうしたらバクティ【Bhakti】が生まれるか?

①Fill ⇒ 満たすこと。

純粋な感情や、愛情で自分の内側を満たしていくこと。

本当の知識で自分自身を満たすこと

②Freedom ⇒ 純粋な愛情、本当の知識をえることで、自由になるべき。

バクティの感情で自分自身が満たされれば、
好き嫌いの感情に左右されることなく
周りのどんな人々にも否定(批判すること)がなくなる。

神様への愛情(見返りのない)と同じように、
自分を含めた周りの人々を見ることができる。
なぜなら、どんな人にも神性があるから。

 

LOVEから始まるバクティ(Bhakti)の道!

 

ラブとバクティの違いとは?

ラブ(Love)には期待がある。疑惑、疑念もある。
バクティ(Bhakti)は、自分のあり方そのままで、相手を受け入れる。
私は、お話を聞きながら子供への愛情はバクティなのかな?と考えていましたが、
子どもが可愛ければ「期待」も起きるもの。
なかなか難しいなぁ。なんて思いました。

 

9ステップ~LOVEから始まるバクティの道とは?

  śravanam kirtanam visnoh
  smaranam pāda-sevanam
  arcanam vandanam dāsyam
  sakhyam ātma-nivedanam

①śravanam 神のこと聞くこと(詳細を知ること。)

②kirtanam visnoh 神の神聖な名前、素晴らしさを唱えること。

③smaranam 神の事をいつでも覚えておくこと。

④pāda-sevanam 神様へ捧げものを行うこと。蓮のような足元に。

⑤arcanam 感謝の儀式 礼拝を行うこと。

⑥vandanam すべての行動を神のために行うこと。

⑦dāsyam 奴隷のように使えること。すべての物事を神様に捧げる気持ち。

⑧sakhyam 友達のように、共有する。

⑨ātma-nivedanam 自分自身を神(対象物)へ捧げること。

まとめ

バクティは人を純粋にするもの!

行動のヨガ(カルマヨガ)や、ギャーナヨガ(知識のヨガ)を学んで

実践したのちにバクティヨガとなるべき。

私達が神様や(周りの人々、他の生物)を知り、

自分自身の中に本当の知識や、純粋な知識が満たされて、

全ての行動をヨガにすることができた時に、愛情がバクティになるのではないでしょうか?

周りの人々、自分の行う行動にバクティ【献身】の気持ちを捧げていきましょう。

Follow me!