ヨガスートラ 2-7:【執着・欲望】ラーガとは何か?

Pocket

ヨガ哲学の学び。

ヨガスートラ 2-7:【執着・欲望】ラーガとは何か?

 

 

スッカー アヌシェイ ラーガハ

sukha-anuśayī rāgaḥ ॥7॥

喜びを追いかけることが執着になります。
(FLOW ARTS 300TTCより)

単語:意味

sukha = 幸せ luck
anuśayī = 信じる faith
rāga = 欲望 desire

解説

私たちには、欲望があり、
もちろん正しく使うこともできます。
本能だけで動くことはなく、
お腹がすいている人がいれば
食べ物を与えることも出来ますし、
分け合うことも出来るでしょう。
便利な世の中にしたいと考える力(欲望)が、
世の中をより良くしていく
技術の源になっていくと言えます。

ただし、望みが強すぎたり、
手に入れるためにどんなことでもしたい!という
気持ちが芽生えると危険です。

欲望に執着しすぎると生まれるのが
ラーガ(執着・欲望)です。

望みや、願望、何かを成し遂げたいと
思う気持ちは、
私たちを成長させてくれます。
ですが、願望に執着しすぎないこと。
いつでも、自分の行為だけ
専念して行うことが大切です。

まとめ

心の状態を安定させて
自分の内側をよく観察すること。
哲学を学び、本来の心の状態や、
自分自身について知っておくこと。

外側からの影響を受けず、
安定し平和な心を保ち、
自分の人生を、成長を楽しむことが出来るように
ヨガの練習を続けていきましょう!

Follow me!