ヨガスートラ 2-6

Pocket

ヨガ哲学の学びより ヨガスートラ 2-6

 

दृग्दर्शनशक्त्योरेकात्मतैवास्मिता ॥६॥

drig-darshana-shaktyor-ekatmata-iva-asmita ||6||

 

自分の持つ器官を自身だと認識することはアスミタ(エゴ・自我意識)です。
(FLOW ARTS 300TTCより)

意味

darśana-śakti = 見るもの power of seeing
ekātmatā =自己認識  identity
asmitā =アスミタ エゴ  egoism

 

解説

ヨガスートラの2-5では、すべての苦悩の始まりが
アヴィッディヤ(Avidya)無知⇒誤った認識であると書かれていました。

真実とは違うことを認識することは、私たちを混乱させます。
自分自身のマインドを大きく揺り動かし、雑音を与えることになってしまいます。

このスートラで書かれているアスミタ/エゴは、私だけが素晴らしいと思い、
他者をリスペクトすることなく、コントロールしようとすること。

私たちは、与えられた器官を使って対象物を見ています。
対象物を自分自身と同一視してしまい、混乱してしまう。
それが、アスミタ自分へのこだわり、自我意識です。

私達のマインドは、いつもさまざまな感情で揺れ動いています。
マインドがあるからこそ、人生はいつも新鮮なものになるでしょう。
ですが、このマインドと自分自身(魂)と結びつけて混同してしまうと
人生がややこしくなります。

まとめ

私たちの、マインドと自分自身を結びつけず、感情の揺れ動きや、
周りの状況と混同しないように心がけましょう。

そのためには、本当の知識・哲学を学び、今自分はどのような状況なのか?
状況と自分を結びつけていないか?を確認しましょう。

感覚器官からの情報に、振り回されすぎないように
マインド(心)を穏やかに、安定させておきましょう。

 

Follow me!