ヨガスートラ 2-5

Pocket

ヨガ哲学の学びより ヨガスートラ2-5

 

अनित्याअशुचिदुःखानात्मसु नित्यशुचिसुखाअत्मख्यातिरविद्या ॥५॥

anityā-aśuci-duḥkha-anātmasu nitya-śuci-sukha-ātmakhyātir-avidyā ॥5॥

無知とは、永遠でないものを永遠と見て、不純なものを純粋と見て、
痛みが従う物を現実と見る、アトマンでないものをアトマンと見ることです。
(FLOW ARTS TTC300)

 

意味

anitya = transitory 変化するもの
aśuci = impure 不純物
duḥkha = pain 痛み
ātma = the true self アートマ
anātma = the false self アートマではない
nitya = eternal  永遠
aśuci = pure 純粋
sukha = good fortune 幸せ
khyāti = knowledge 知識
avidyā = ignorance 間違った認識

 

解説

ヨガスートラでは、私たちの本質は変わることもなく、
苦しみや外の状況に悩まされるものではないと言います。

私たちは自分たちの身体が永遠でないもの(いつかは死んでしまうもの)と
知っていながら、本当に理解はしておらず、年老いたくない!などと嘆き悲しんだりします。
私たちの周りの状況は一つとして、変わらないものはありませんが、
どうしても、変化することを恐れるのです。

私たちの感情(悲しみや、好き嫌いの感情・嫉妬・喜び・怒り)は私達そのものではありません。
昨日の考えと今日の考えは違っていたり、心の状態は常に変化をします。
感情と自分自身(本質)と同一化してしまうから、
「私は悲しい。」「私はみじめだ」と思ってしまうのであり、
正しく表現すれば、「今、私の置かれている状況は悲しい」となるはずなのです。

変化をしない身体はありません。
子供から、青年に、大人になり、老人になっていく。
この世の中には、病気にならない身体はありませんし、死ぬこともない身体もありません。

私たちの身体や、心、関係や、状況も常に変化をして、
良くもなり悪くもなるということを分かっているのに、
どうしても完全なものを求めようとすることが、
好き嫌いの感情で分けることや、執着を生み出すのです。
このスートラでは、これらのことを無知(間違った認識)であると説明しています。

まとめ

無知はどのようなものであるかを知り、自分が間違った認識をしているものを
本当の知識とヨガの練習、瞑想で正しましょう。

そして、常に周りの状況に影響されることなく、物事をあるがままに見れるように
自分の内側をみつめ、浄化された身体、心で物事に向き合えるように練習を続けていきましょう。

Follow me!