強さと力を身につける《ブラフマチャリア》~子育てママのための【やさしいヨガ哲学】

Pocket

子育てママのための、イライラがなくなり、
マインドが落ち着く【やさしいヨガ哲学】
今週は、ヨガスートラの
8支則の中にある
【ヤマ・ニヤマ】について書いていきます。
そもそも8支則って何?という方は、こちら😌

👉「自分を大切にする心」アヒムサ

👉「正直であることは生きる力になる」サティア

👉「自分に必要なものだけを手に入れる」アスティア

👉「今、目の前にある幸せ」サントーシャ

 

ヨガのゴールに向かうための
8つのステップの中の
最初にあるヤマ・ニヤマには
実は、日常に生きるヒント
規律・指針があります。

 

①ブラフマチャリア

規則正しい生活をおくる。
エネルギーを正しくつかう。
欲求をコントロールする。

ヨガスートラでは禁欲!
と説明されていることもありますが、
子育てママにお伝えするなら

自分のエネルギーを大切に使うということ。

 

私たちのエネルギーは限りあるもの。
大切な子供たちのために、
エネルギーの無駄使いはしない!

 

自分自身の生きるエネルギーは
大切に!大事なものにそそぐこと。

 

②子供は、エネルギーのかたまり!

本当に子育ては体力が必要!

早く産んだほうがいいとか言ってくる
親戚のおばちゃんたちのアドバイスは、
嘘じゃなかった?と思ったママも多いはず。

お腹を空かせて、泣いて😢
おむつが気持ち悪いと泣いて、
眠りたいと泣く赤ちゃん。

小さくてかわいいわが子の
命を守ることに必死なママ達の
毎日は、命をすり減らし、
全身全霊で子供に向かっています。

 

赤ちゃんから幼児さんになったら
逆に、彼らのエネルギーに
圧倒されることも多いのでは?

いまでは、「孫疲れ」という言葉もあるほど
赤ちゃんのお世話や、小さい子のお世話は
エネルギーを使うもの。


私が子育てをしていて感じるのは、

自分が元気じゃないと、
子供たちにエネルギーを吸い取られてしまう?!

 

エネルギーの流れ?とでもいうのでしょう。
自分自身が元気で調子が良いときは、
子供たちと遊ぶことで、エネルギーを
貰えるような気がしますが、
疲れがある時には、残っている自分の
エネルギーまで奪われてしまうような感覚。

 

③欲求をコントロールするとは?

性欲だけ?が欲求:エネルギー消費だった
ヨガスートラの書かれた紀元前と違い
現代は様々な欲求がたくさんあります。

心理学者アブラハム・マズロー氏が
提唱した【自己実現論】の書かれている
5大欲求はこのようなもの。

 


①生理的欲求…食欲、睡眠欲など生命を維持するための欲求。

②安全欲…健康で、安全な生活を送りたい。長生きしたい。
③所属と愛情の欲求…社会的なつながりが欲しい。
④承認欲求…認めらたい、尊敬されたい欲求。
⑤自己実現欲求…あるべき自分になりたい。他者に貢献したい。

 

さまざまな情報に、
簡単にアクセスすることが出来る時代。

どのように自分の欲求をコントロールして、
エネルギーを使っていくかは、
自分次第ですが、


子育てママは、
子供たちの有り余る
エネルギーをどう使うのか?
使い方を教える必要があります。

 

④ブラフマチャリアを守るとどうなる?

ヨガスートラの中では、
ブラフマチャリアを守れるようになった時
精神的な力と、望みを叶える
強さを得るとされています。

 

規則正しい生活を送ることで、
高い志と、誘惑にまけない強さを
得ることができると書かれています。

いつの時代も「生きるエネルギー」は
大切なもの。

欲求をコントロールし、
自分が大切だと思うものに
正しくエネルギーを使うことが出来たなら。
きっと、どんな望みも叶える強い力になるはず!

 

ネットやテレビにエネルギーを奪わせない。

私は実家が電気屋さんだったこともあり、
家に何台もテレビがありました。

今でもテレビは大切な情報源であり、
娯楽でもあります。

 

でも、子供の世話をしながら
片手にスマホでゲームしてたら?
子供の寝返りのタイミングや、
大事な成長の瞬間を見逃したくない😌

 

現代に生きる子供たちは、
「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代。
生まれた時からスマホがあって、当たりまえ。

 

少し大きくなった子供たちには、
テレビや、ネット、ゲームなど
楽しくてたまらないものがたくさん。

我が家の長男も、今年の自由研究は
パソコンで作成しました。

 

学校の授業でパソコンの入力等は
習ってくるので(公立校です!)
作成がとても楽だったらしく
来年もパソコンでやろうかな~と
言っていましたよ。


手書きで書いて、消してをするより、

格段に楽だったらしい😁
まさに、「デジタルネイティブ」世代!

 

 

パソコンや、ゲーム機、
さまざまな機器を
どのように使うか?
ルールを決めて使わせるかは
家庭の方針によると思うのですが、

 


パソコンなどはあくまでも、

楽しむための機械、ツールであって
自分がふりまわされるものではない!

 

大人も子供も同じ。

大事なところにエネルギーを
使えるようにしたいですね。

 

⑤生活のリズムを整える。

特に、育休中で復職するかたは、
自分自身のためにも、
早めに規則正しい生活を心がけましょう。

 

赤ちゃんの生活リズムはいつから整える?
ウルトラディアンリズムとは?

また、赤ちゃんも規則正しい生活リズムを
作ってあげることで、お昼寝、離乳食なども
スムーズに進みますよね。

 

午前中に遊ぶ時間を取り入れて、
公園などに行き、有り余るエネルギーを
使って、たくさんの自然に触れる。

都会に住んでるママも
車や電車、大きなビルを見る事でも
子供たちの目はキラキラ🤩します。
電車が好きな子は、ずっと見てられるみたい。

 

新しいものを見て、
たくさんの刺激を与える。
子供たちは、毎日が新しい発見。

そして、私たちママも、
親になって初めて見える世界があるはず。

⑥エネルギーを整える。

現代社会に生きる私たちにとって、
何にエネルギーを使うかは
とても大切なテーマ。

子供たちにとっても、
親である私たちにとっても…

 

ヨガの考え方では、
自分自身を大切にし、
安定した状態になることで
そこから他者を助け、
貢献することが出来る。

そのために、
身体と心のバランスを
整えてエネルギーが
いきわたる状態にする。


自分自身のエネルギーの使い方を

上手にして、強さと力を手に入れましょう💕

 

【やさしいヨガ哲学】で
子育て中のママの、イライラがなくなり、
心が落ち着きますように。
ナマステ!

 

2019年秋より再開予定音譜

「生後3か月から始めよう!」
赤ちゃんの脳がすくすく育ち
生きる力を養うベビーヨガ
産後の体型リセット!
マイナス4キロ戻るママヨガレッスン

ベビヨガってどんなことするの?
赤ちゃんがケガをしにくくするには、○○感覚が重要だった!
ベビヨガとベビーマッサージの違いとは?
生きる力を身につけるために
ベビーヨガはどうして生後3か月からなの?
ベビーヨガはいつまでできるの?

 

Follow me!