強く生きるための知恵~バガヴァッドギーター②

Pocket

ヨガ哲学の学びからバガヴァッドギーターを読むための解説②

バガヴァッドギーターの背景(戦争)にある哲学とは?

バガヴァッドギーターは「マハーバーラタ」という
長い叙事詩の一部です。
そして、物語のシーンは戦争から始まります。

バガヴァッドギーターを読み、理解するには、

戦争という場面背景の理解がとても大切です。

 

バガヴァッドギーターの登場人物

                                          ~戦争~

【カラヴァ軍】             【パーンダヴァ軍】

盲目王ドュリタラーシュト          アルジュナ(弓の名手)
(無知の象徴と言われる)

100人の兄弟                 クリシュナ(ヴィシュヌ神の化身)

ドローナ(アルジュナの弓の先生)

 

戦争という背景から読みとるもの

それは、日常的に起こる自らの義務(ダルマ)との戦い。

欲望と義務との戦い。

日常的に瞬間的に、私たちは、自らの欲求と義務、そして良くない習慣と戦っています。
戦争という極端な設定になっているのは、最も究極ともいえる状況を表しているです。

母親であれば、子供の世話をする・食事を与えるなど。

彼らが生活できるようにケアをするのは
義務であり、責任でもあります。
どんな小さな役割でも、自分の義務(ダルマ)を果たすこと。

私達、それぞれの人に、それぞれの役割が与えられていると言われています。
役割には、自然と義務(責任)生じます。

私達に与えられた義務を果たすためには、良くない習慣や、好き嫌いの感情を乗り越え、
今目の前にある「やるべきこと(義務)を全力でやる」ことが必要です。

真実を学ぶには

アルジュナは、親族間の戦争という場面で、親しく尊敬する人ばかりを見つけ
悲しみと凄まじい葛藤に、心を震わせるアルジュナの心境から始まります。

そして、アルジュナは友人であり、従者でもあるクリシュナ(ビシュヌ神)に
「真実とは何であるか」を聞くところから物語が始まっていきます。

「真実」を理解するには、受けとる側:アルジュナの心の準備も必要です。

「真実」を解出来るくらいに心の準備、成長をしていなければ、
ただしい知識を受け取ることはできません。

まとめ

心の準備、成長のためにどのようにマインドをコントロールするのか?
神と私たちの関係とは?
精神的役割、社会的役割とは?
人生で起こる問題点の解決策とは?
神聖な視点で物事を見るには?

これらをヴァガバッドギーターから正しく学ぶには、私たちの心の準備も大切です。
この解説が、本格的にバガヴァッドギーターを読み進める準備になればうれしいです。

次回は、おすすめの本をご紹介します!

Follow me!