神様のように愛する~子育てママのための【やさしいヨガ哲学】

Pocket

赤ちゃんを見ていると、
純粋のかたまり😌

 

特定の神を信じていない人でも、

神聖なところから、
私のところに
来てくれたんだなぁ。と
しみじみ感じますよね💕

わが子に宿る神聖な
何かを感じることが
出来ると思います。

 

神様とつながるとは?

平和な気持ち
安心で、安定した気持ちと
常につながっているためには、
自分の内側に神聖なものを感じること。

 

そして、自分の内側に神聖なものを
感じる事ができたなら、
あなたから生まれた赤ちゃん😍
そして、お友達の赤ちゃんにも
そのママにも、神聖さを
感じることが出来るはず。

神様とどうやってつながる?

私は、哲学の講義の時に

「何のために、神様に祈ると思う?」
と聞かれ、
「願いをかなえてもらうためです!」と
張り切って答えたことがあります。

そして、同じように
マントラや、お経は神様のために
唱えていると思っていました。

ムケーシュ先生が教えてくださったのは、
神様は、私たちが祈っても
祈らなくても、
怒ったりも
悲しんだりもしない。

なぜなら、神様はすでに多くのものを
私は達に与えてくださっているから。

私たちの、人生は私たちで
歩んでいき、楽しんでいくもの。

自分の内側の平和で幸せな状態に気が付くこと。

安定した心の状態に、いつでも戻れるように、
心を落ち着かせること。

神様のような、優しいこころがほしい!

祈り、マントラや、お経を唱えるのは、
「自分のため」
自分の内側にある平和で
安定した状態とつながりやすく
するために私たちは
お寺に行き、教会に行き
心を落ち着かせるのです。

 

いつもイライラしたり、
怒ってばっかりになってしまったとき、
自分勝手で、ダメな母親だと
落ち込んでしまうことは
ありませんか?

私は、ついつい説教が長く
なってしまった時に反省します。

私たちの心が、落ち着いて
イライラがなくなったら
自分の内側の平和な(神聖な状態と)
幸せな状態とつながることができたら、

気持ちも、行動も安定した
状態になれると思いませんか?

神様は、いつでも見守ってくれる。

ここで、私の大好きな
「こども讃美歌」を
ご紹介します。(ヨガ哲学だけど!)

この讃美歌は、子供たち2人が
お世話になった幼稚園で
いつもいつも歌っていたもの。

 


1「どんなにちいさいことりでも
かみさまは
そだててくださる」って
イェスさまの おことば。
2 「なまえもしらない野のはなもかみさまは
さかせてくださる」って
イェスさまの おことば。

3 「よいこになれないわたしでも、かみさまは
あいしてくださる」って
イェスさまの おことば。

 

良い子でなくても、
良い母になれていなくても
神様は、いつも私たちを
見守って、たくさんのものを
与えてくれています。

上手くいかないこともあるし、
なんで?と思うことばかりが
続くときもあるけれど、
自分たちの内側にある
神聖なものと繋がって、
心を落ち着かせる。

神様のように
わが子を見守って、
愛していきましょう!


【やさしいヨガ哲学】で

子育て中のママの、イライラがなくなり、
心が落ち着きますように。
ナマステ!

 

2019年秋より

ベビヨガ&ママヨガレッスン再開予定音譜
ベビーヨガレッスンでは、
【やさしいヨガ哲学】のお話もしますよ。

ベビヨガってどんなことするの?
赤ちゃんがケガをしにくくするには、○○感覚が重要だった!
ベビヨガとベビーマッサージの違いとは?
生きる力を身につけるために

 

Follow me!